KAKUEIさん パチカでつながる

大学在学中(桜美林大学)にアサラトと出会い、アサラトよりも耐久性が高く、安定したリズムと高度な技術への挑戦ができる

“PATIKA(パチカ)”の商品化の企画・製造・開発にかかわる。現在もパチカマンとして広め続けている。
パーカッショニスト、OAUメンバー

PATIKA パチカ
もともとアフリカの木の実を用いた民族楽器。セネガルやマリで母親が子どもに作ってあたえる玩具。

日本であれば、あやとりやお手玉か。現地の呼び名はアサラト、ケスケスで、それをプラスチック化し、

壊れにくく、安価にしたものがパチカ。奏法は日本で創作されたものも多い。

KAKUEI-paticaman.jpg
パチカでつながる 織田弘子
00:30
パチカでつながる 箕浦真弓
00:40
パチカでつながる お孫さん
00:33
パチカでつながる 苅草昭一
00:32
パチカでつながる 鈴木正一
00:36